【生命保険料】持病や入院・手術の経験がある人でも入れますよ。オリックス生命が終身保険「ライズ・サポート」発売

生命保険料」関連情報です。払込期間中の解約返戻金は安いけれども、告知項目が少なく、持病・入院・手術経験がある人でも入りやすい生命保険─そんな保険が10月2日からオリックス生命保険が発売する「終身保険RISE Support[ライズ・サポート]<無配当 引受基準緩和型終身保険(低解約払戻金型)>」(以下、「終身保険RISE Support[ライズ・サポート]」)および「引受基準緩和型終身保険特約(低解約払戻金型)」(以下、「緩和型終身特約」)です。

持病がある人や入院・手術経験がある人には、告知項目が多いとなかなか生命保険には入りにくいですね。「終身保険RISE Support[ライズ・サポート]」は、加入しやすいよう、告知する項目を限定し、引受基準を緩和した終身保険です。一生涯保障で、被保険者が死亡した場合は死亡保険金を支払うとのことです。契約日から1年以内に死亡した場合には、保険金額の50%を、1年以内でも不慮の事故または感染症により死亡した場合には、保険金額全額を支払うというすぐれもの。ただし保険料払込期間中の解約払戻金は、抑制されています。

余命6カ月以内と判断されたとき、生存中でも保険金を支払う(リビング・ニーズ特約を付加した場合)というのはよくありますが、加入前にかかっていた病気が悪化して死亡した場合も保障するというのがすごいですね。

「緩和型終身特約」は、2010年10月に発売した「医療保険CURE Support[キュア・サポート]」専用の特約。医療保険に一生涯の死亡保障を付加することができるのだそうです。